いろんな情報満載!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シェアブログarisa6921に投稿

世の中はいろいろ子育てや子どもの教育について言われていますが
我が家は…そうですね~
型にはめて考えることはできません(笑)
我が家にも二人の子どもがいますが
一人はいわゆる非定型発達と言われる子どもです。
いろいろ頑張りすぎた時期もありましたが
今はちょっと落ち着いているところです(^^;
もう一人はごく普通の子ですが
どちらかというとこっちの方が気にもむことは多いですね~
片方がいろんな場面でつまずくことが多い分
もう一人に負担がかかりすぎないように考えてるし
普通の子でもいろいろ悩みをかかえてるようだし?
非定型児の方は少しでも学力がつくように
塾に通ったり、市販の問題集をやらせたりしたこともあるのですが
もう一人の子はそういった面ではほったらかしです。
普通の子というのは学校だけで十分理解できるんですよね。
性格がまじめな子で宿題はきちんと必ずやるので
あまり心配もしていません。まだ小学校低学年だし。
でも学校だけでは理解できなくなったら
塾や家庭教師といったものも考えてみようとは思っています。
ただ、塾などで鍛えてもらっている子も周囲にいますが
その子たちと比べて劣っているところは凡ミスが多いことです。
そういうテストでのスキルを磨くのはやっぱり大切だと思います。
そういった部分を補うためには
高学年になったら勉強が理解できているいないにかかわらず
家以外でのプラスアルファの学習をさせなきゃねーと考えています。
負担にならず少しでも楽しく
今日より明日、子どもが賢くなっていれば
ものすごーく賢い子に育たなくても別にいいんだけど(爆)

伸びる子の法則という本がありますが
これって親が読んで子どもをサポートするんですよね~
子どもが自分で読んでやる気をだすような本も出たらいいなぁ。。

伸びる子の法則
この記事はブログルポの依頼により執筆しました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ywai.blog80.fc2.com/tb.php/922-4a20a6b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。